RTだいあり〜

 

よみがえる記憶(image変更)

懐かしいモノを見つけた!
(写真上は、『電子ブロック』〜玩具ブロック資料館その2〜より /写真下はスヌキチたちに隠れているサンダーバードの秘密基地プラモデル、イマイ製)遙か彼方(笑)、子供の頃に使っていた遊び道具。(私が持っていたのと少し違う気がするけれど、こういう透明のケースに部品が入ってたので、中の部品が見えていた。)

『電子ブロック』の復刻版が出ると知って、ワクワク。(笑)
(リカちゃん人形ではなくてゴメンナサイ。(^^;)

そうそう、よみがえってきた。。。
『電子ブロック』のサイトを見つけたので、そこの資料館をたどっていくと、私が遊んだらしき『電子ブロック』を見つけた。
何歳頃とははっきり覚えてなかったが、この資料からいくと、どうやら幼稚園から小学校低学年くらいにこの『電子ブロック』で遊んだらしい。(>>ちょっと歳がバレバレ(^^;)

かすかに覚えているのは、デパートのおもちゃ売り場で、何度も、この『電子ブロック』を買って欲しい〜!と言っては、そこから動かずダダをこねたいかにもかわいくない子供だったのではないかなぁ。
それも、私はれっきとした女の子(のはず。(笑))。

妹は、例に漏れず、リカちゃん人形にリカちゃんハウスで遊んでいたし(でも、ハウスなどはきっと、友達のお家で遊んだだけだと思う。高価だし。(^^;)その後、ぬいぐるみをダッコして寝たりなんかしていた。
(多少、今でもその後遺症??があるらしい。(^^;)

私は、ほとんどお人形たちには目も触れず、とにかく何かキカイだとか、プラモデル、ラジコン、ユーコンなどを見つけてはワクワク。。。

母が未だに言うのには、私が物心ついた頃(??かどうか定かではないが、とりあえず、幼稚園あたり?)には、家中の時計を、どうやら私が全部壊したらしい。

自分でかすかに覚えているのは、何か動くモノを見つけると、やたら興味がわき、この中はいったいどうなっているのだろう?と思うと、もういてもたってもいられなくなって、どこかからドライバーなるものを見つけてきては、ビスを一つずつ外していき、終いには、例えば置き時計は元の形を要せず、分解バラバラと化する。

しかし、そこはやはり子供のワザのなせるところで、元には決して戻らないのだ。(^^;)

思えば、この『電子ブロック』でさんざん遊んだのだと思う。
モールス信号を打ってみたり、雨降り報知器なるものを作ったり、ゲルマラジオを作ったり。。。。。

そうだ、他に、小学校(1年)の頃、同級生(私学だったので女の子ばかり。)の女の子に、アマチュア無線の免許を持っている子がいた。

その子のお家へ行くと、お父さんとその子のアマチュア無線室があって、『ハロ〜CQCQ、こちらエックスピーターナンシー………』なんて交信していたりするのを目の当たりにした。

その影響で、アマチュア無線の免許を取りたいと思い、電子工学の本を探したり(まだ字も読めないのに。(^^;)した時期もあった。

結局、免許は取るところまで至らなかったが。。。

その後、小学校高学年頃には、ウチの近所の公園に、壊れたテレビやラジオなどが捨ててあると、そこから部品だけ取り出して持って帰り、カンカンにジャンク品としてしまっておく。
これは本人にとっては、大変な貴重品!!
しかし、母親にとってはゴミが増えただけ。(爆)

このころには、『電子ブロック』も元の体裁を要せず(^^;)、とうとう、一つずつの部品をプラスティックのハコから抜き取って、プラスティックの石けんバコや、紙のたばこのハコに、基板なるものを作り、そこへゲルマニウムだの抵抗だの、コンデンサーだの、取り付けていってはラジオを作ったりする。

それ以外に話せばキリがないが、プラモデル(模型)を良く作ったり、、、そうそうコレも、一番、印象にあるのは、やはり『サンダーバードの基地』でそれも、サンダーバード5号が基地の上で(ピアノ線で)ぐるぐる回っているというもの。

これは、東京で塾を経営している従兄弟が(勿論、彼は男の子ね。)、未だに、一緒に作ったよなぁ〜と懐かしげに言う。(笑)

3年ほどまえ、今はちょっと休止状態のLiccatance(リカちゃん人形のお洋服をネットで売っています。(笑))のリサーチに本職デザイナーと出かけたつもりが、阪急百貨店のおもちゃ売り場で、このサンダーバード基地のプラモデルを見つけたから、さあ大変。(笑)

『今、買っておかないと、絶対後悔する!』と、そのオタク(?!)デザイナーに半分のせられて、買ってしまった。
でも、なかなか作るヒマがなくて未だに、マイルームのスヌーピーたちのバックグラウンドと化している。

しかし、子供の頃に経験したことって芋蔓式によみがえるモノだなぁ。

音楽と関係ない雑談で恐縮だが、作・編曲したり、また色々と分析したり、演奏法など探求したり、、そういう能力(?!)のベースはこんなところにあったのかなぁとも思ったりする今日この頃である。

a-Column 1.42 arr by Reiko Yasuda Last Update : 2002/04/29