RTだいあり〜

 

Nくん、うそつきオバケと戦う!!(笑)

さて、今日は、午後からNくんのおけいこ。
レッスンの時間になり、ピンポーンっとなって、NくんとNくんのママが玄関へ入ってこられるや否や、『先生!済みません!!』っと。
事情を聞くと、車を降りてドアをロックした後に、ヴァイオリンと荷物をまるまる車の中に入れたままということに気が付かれたらしい。

仕方なく、ご主人に連絡を取りカギを開けて頂くことになったらしいが、時間的に、余裕があるような無いような、ちょっと微妙な感じだったが、とりあえず、レッスン室で待機。

勿論、ヴァイオリンもないし、余計にNくんはじっとしていない。(笑)
とりあえず、英語の絵本を差し出し、『これでも見ておこうよ!』と言いながら、絵本のアルファベットを読み出す。

そうこうしているウチにやはり間が持たなくなってきたので、レッスン室に置いてあるMAC(今は楽譜入力用に使っているパソコン。)を立ち上げて、たしか、昔作った、音符を読んだりするためのスタックが(Hyper Cardで作った簡単なゲーム。フリーウェア、シェアウェアとしてNiftyにあります。)あるはず、、、と探した。

しかし、Nくんには、やはりまだちょっと早いので、キッドピックス(お絵かきソフト)を探して立ち上げ、これで遊ばす。

時間が過ぎ、Nくんの後にレッスン予定の大学生のHくんがやってきた。
まず、彼のレッスンを行い、彼の後にもう一度、Nくんには来て頂くことにした。
さて、またもや時間が過ぎて、再度、Nくんがママと一緒にやってきた。

大学生のHくんのレッスンが終わり、Nくんの順番がやってきて、ヴァイオリンを出すも、なんだかまた寝そべってのろのろやっている。

とりあえず、楽器の準備が出来たので、さあ、といってご挨拶と思いきや、ヴァイオリンのお掃除用にケースに入れてあるハンカチを、何故か、私の後側のピアノのイスの所へ置く。

『Nくん、ハンカチをちゃんとケースになおしてごらん。』というと、何故だか『ここへおく。』といってきかない。
『ここ(ピアノのイス)は、私の(手帳とか)モノが色々置いてあるところだから、ここへおくって事は、そのハンカチもらっていいのね?』というと、Nくんは『イヤ!』。

少々たまりかねたNくんのママが『Nちゃん、ちゃんとするってお約束したんじゃないの?お約束守れない子の所へは、うそつきオバケが来るよ!』と言ったとたん、『そんなヤツは、ボクがやっつけてやる!!』『うそつきオバケをやっつける!』といって、今度は、その(お掃除用の(笑))ハンカチを振りかざし、なにやら戦いはじめた。(笑)
(うそつきオバケが何の為に登場したかは置いておいて、Nくんは妙に、こういうとき、正義感にあふれている。(爆))

Nくんのママと私とで『うそつきオバケはもういないよ!大丈夫!!』と何度も宥めてやっと、『もう、どっかいっちゃった?』といって、ようやくご挨拶して、ヴァイオリンを弾くところまでこぎ着けた。

しかし、一回弾くたびに、またもや『うそつきオバケが出てきたら、ボクがやっつけてやる!』と勇ましく、また、自分で隠して置いたハンカチを手に取り、振りかざしはじめた。

今日は、その繰り返し。(笑)

だけど、本当にこれくらいの子供は不思議だ。
うそつきオバケと真剣に戦っているNくんを見ていると、Nくんのママも私も、叱るより、苦笑い。

余談だが、ずっとこの冬場、レッスン中、エアコンを入れっぱなしになる事が多いが、ウチのエアコンが古いからか、
設定温度まで上がってしまうと(なんだと思うが)、エアコンの吐き出し口から、ぱふー!!と、なにやらはき出すような音がする。

子供は、そんな音に妙に敏感で、何事が起こったのかエアコンの方を見上げる。
たとえば丁度、Nくんが、あまり言うことを聞いていない時だと、『ほら!怒っているわ!!』とエアコンの方を差していうと、『ホント?怒っているの?』とか、エアコンの音がするたびに『今、怒った?』と聞く。

こんな事で諭せるのは、あと半年から良いところ1年もあるかないかだろうな、と思う、今日この頃であった。

a-Column 1.42 arr by Reiko Yasuda Last Update : 2003/02/19