095080
ヴァイオリンのおけいこBBS

★このBBSは過去ログのみです。新規投稿には、新しい『おけいこBBS』をご利用下さい。
★過去ログのワード検索はご利用いただけます。                  

[NEW『おけいこBBS』に戻る] [ワード検索] [過去ログ]

近況報告です。 投稿者:みやみや 投稿日:2002/03/03(Sun) 22:48 No.78  
とってもごぶさたいたしました。
年のはじめごろ、グループレッスンに参加しようか色々悩みを相談させ
ていただいた者です。
ちょこっと近況報告に来ました。
あれからタウンページとかで教室を探してみましたが、なかなかピンと
くる教室が見つからず、どうしようか悩んでいましたが、つい最近思い
切ってある音楽教室に電話をしてみました。
そこの教室は色々な楽器や声楽などなど教えている教室らしく、どんな
ものかと思いましたがなかなか感じのよい電話の応対をしてくださいま
した。
まだ電話しただけなのではたしてどんな感じの教室かはわかりません
が、最初は楽器も貸してくださるということですし、体験レッスンもで
きるようです。レッスンの時間も色々相談にのってくれるとのことでし
た。
やっとヴァイオリンを習えそうな気がして、今からわくわくしていま
す。
私自身慎重派なので、実際教えてくださる先生に会ってみるまではどう
なるかわかりませんが、でもいよいよ一歩踏み出した感じがします。
ようこさんの様に私も20代後半ですし、まったくのど素人ですが同じ
年頃にヴァイオリンを勉強している人がいるというのは大変心強いで
す。みなさんお互いがんばりましょう。
レッスンをはじめればまたご相談にのっていただきたいことが出てくる
と思いますが、その時はよろしくお願いします。


Re: 近況報告です。 管理人(Reiko Yasuda) - 2002/03/03(Sun) 23:22 No.79  

みやみやさん、こんばんは。

ご報告、ありがとうございます。
とりあえず、大きく一歩前進しつつありますね。

もしも、そこの教室でおけいこをはじめられたのなら、とりあえずはそちら
の教室の先生を信頼し、分からないことは、どんなことでも、何でも直接聞
いてみることです。

教える方も、相手が素人さんだと十分わかっているのですから、何も躊躇す
ることも、恥ずかしがることもありません。

年は関係ありません。
(全くとは言いませんが、要はどれだけ、音楽やヴァイオリンが好きで弾ける
ようになりたいかという気持ちのあることが、頑張る起爆剤になりますか
ら。)

いくら若くて素質があっても、やる気のないひとは、何をやっても上手くな
りません。

とにかく、夢は大きくもちつつ、レッスンは一歩ずつ頑張ってみてくださ
い!!

このおけいこBBSをご利用下さる皆様にですが、、、貴方一人の悩みが、み
んなの悩みであり、貴方一人の悩みの解決が、みんなの悩みの解決に繋がり
ます。

要するに、ここへふらっとやってきた人の、少しでも助けになるかもしれま
せん。

自分ひとりではなく、他にもそうやって悩んだり、また頑張っているひとも
いるんだ!と思えたら、それを励みに一歩前へ(みやみやさんのように!)踏み
出せるかもしれませんよね。

ですから、どんなことでも(ヴァイオリンや音楽に関すること。)、書いてみ
てください。

みやみやさん、また是非いらしてください。
ご報告を楽しみにしています。(^-^)






弓と弦 投稿者:しなもん 投稿日:2002/02/26(Tue) 23:31 No.74  
ほぼ一月に一遍現れてるようですが・・・こんにちわ(笑)

下のようこさまの書き込みのレスのところ、私も知りたかったのでうれ
しかったです。弓のどのあたりを使うのかなんとなくぴんときてなかっ
たので。
弓の持ち方、動かし方ってむずかしいです。今悩んでるのはときどき音
がちゃんとしなくなってしまうことです。
弓と弦のあたるところを見てみたんですが、弦の上を弓が横滑りしてる
様子です。直角にあたるのがいいのではないか、と思うのですが当たっ
てますか?
弓の動かし方なのか、そもそもヴァイオリンの持ち方が問題なのか。
一人でやってるとあれこれ不安が多いです(涙)
なんとも分かりにくい書き込みですみません。何か思いつくことがあっ
たら、教えていただけるとうれしいです・・・


Re: 弓と弦 管理人(Reiko Yasuda) - 2002/02/27(Wed) 00:09 No.75  

しなもんさん、こんばんは。

お一人で勉強されている方はなおさらだと思うのですが、ほと
んどの方が、楽器の構え方(持ち方)、弓の持ち方、(開放弦の)
音の出し方、左手は指の置き方、等、本当に初歩だと思えると
ころでつまずきます。

逆に、習っていて、とんとん拍子に進んでいるようでも、難し
い曲にさしかかってから、そういうことが出来ていないことに
気付くということも多いようです。

本当に、そこそこちゃんと弾けるようになりたければ、(習える
方は)そういう基礎的なことを面倒がらずに教えてくれる先生を
捜す方が良いでしょうね。

以上、余談でしたが。。。

さて、確かにきれいな音を出すところまで難しく感じるかもし
れませんが、この辺りは非常に感覚的なことなので、頭で考え
すぎず、出来るだけ、五感を使い、体で感じることです。

大人になってくると、色々な事を覚え、常識が備わり、そのか
わり、子供のころ感じていた自然な感覚を忘れてしまいがちで
す。

遠回しな言い方に聞こえるかもしれませんが、自分が本来持っ
ている感覚を呼び覚ますことです。

まず、楽器の持ち方、基本的な弓の持ち方等々は、『ヴァイオ
リンのおけいこ』ページを参考にしてみて下さい。

>弓と弦のあたるところを見てみたんですが、弦の上を弓が
>横滑りしてる様子です。

横滑りしてしまうのは、(楽器の持ち方がほぼ正しく出来ている
モノとして、)弓の毛の部分が上手く弦に吸い付いていない状態
で、おそらく、右肘が後へいくか、逆に(手首も固くなるため)
弓の元が前へせり出す形(先は内側へよってしまう。)になって
しまう為でしょう。

>直角にあたるのがいいのではないか、と思うのですが
>当たってますか?

直角??
ひょっとして、毛をべったり全部つけた状態でしょうか?

弓の持ち方(フォーム)が上手くできていれば、下のようこさん
のところで話した、元3分の1からはじめるとしても、自分側の
弓の毛の部分は少し浮き上がって、毛がおおよそ半分くらいつ
いた状態になります。

但し、肩とか肘とかが浮き上がらずにちゃんと行けば、毛先へ
行った時には、毛は全部べったりついていて大丈夫です。
(但し、中級、上級になってくるともっと色々な使い方が出てき
ますが。)

何故かというと、弓は先の方が断然軽いですね。
元に近づくほど重くなりますし、特に根本部分の毛の部分は、
手でちょっと触ってみると(普段はあまり手でさわらない方が良
いですが。)随分固くないですか?

先へ行くに従って、柔らかくなり、また本当の一番先は軽いけ
れども、勿論、ちょっとだけ固いですよね。

弓は、その構造上、断面で考えると、どこを輪切りにしても、
同じバランスのところがありません。

ですから、その弓の圧力と弓の場所によって微妙に変わるバラ
ンスをとらないといけない部分が難しいのです。

しかし、ほとんどの方の場合、自分で難しくしています。

弓を持つのに力を使いすぎているからです。

この辺りは、下のようこさんのところでお答えした通りです。

但し、その弓の元3分の1から手前、つまり根本部分では、下の
ようこさんのところでお答えした通りのやり方は通用しませ
ん。

試しにそのままで弾いてみてください。

突然、『ギ〜』といやな音にかわりますね。
これは、弓の元の密度の濃い(重い)部分が、そのまま乗っかっ
てしまうからです。

逆にこの辺りでは、弓の重さが弦にかかりすぎないようにして
あげないといけません。

以上、わかりやすい表現を心がけたつもりなので、弓の重さ
が、という言い方になりましたが、本当は重さをかけるのでは
ありません。

弦に対して、弓の毛をピッタリとくっつける感じなんです
が。。。

押さえるのではなく、弦と弓の毛がくっついて離れない(そんな
ワケないが。)モノと思いこんでください。

弓を動かすのは右手でやってやる!というのではなく、弓がまっ
すぐ動くのに、右手がついて行くだけ、つまりこれも右手が弓
にくっついてしまっているという感覚です。

とにかく、力ずくでは楽器は響きません。

開放弦がビリビリときれいに大きく振動してくればOKなんです
が。。。


この辺り、実際、体感できないと非常にわかりにくいかもしれ
ませんが、、、。

わかりにくいかもしれませんが、五感を信じて、試してみてく
ださい。

ヴァイオリンの場合、アゴと鎖骨で楽器をささえているため、
きれいに響く音が出てくると、音でもわかりますが、まず、体
にそのきれいな振動が伝わり、分かります。(というか分かって
きます。)

直接、伝えられないのが歯がゆいですが(^^;)、とにかく、やっ
てみてください。




Re: 弓と弦 しなもん - 2002/03/01(Fri) 21:18 No.76  

さっそく返信くださったのに、見にくるのが遅くなってしまいました。
すみません〜、ありがとうございます。

>直接、伝えられないのが歯がゆいですが(^^;)、とにかく、やっ
>てみてください。
はい!体感っていうのが、はたして自分で分かるかどうかがわかりませ
んが、「そのうちわかってくる」ことを楽しみにします。

弓を持つフォームがやっぱり違うのかもしれません。見てみたら弓の毛
が全部弦についてました。

>直角にあたる
弦と弓が十字になってるといいのだろうか、と思ったのでした。(カタ
カナの「ナ」みたいに斜めにあたるのではなく)



Re: 弓と弦 管理人(Reiko Yasuda) - 2002/03/01(Fri) 21:39 No.77  

しなもんさん、こんばんは。

弓のあて方をどのようにされているのか、イマイチ分からない
のですが。。。(^^;)

『ヴァイオリンのおけいこ』の『5)基本的な音の出し方』の写
真だけでは細かい部分、わかりにくいかもしれませんが、まっ
すぐというのは、この写真のように弦に対して(上から見て)クロ
スするようになっていて、良く見て頂くと、弾いている本人の
方に向かって、弓の毛が傾いて見えていますよね。

毛の付き方は、元よりだと少し手前(自分の方)が浮き加減で、先
へ行くと全部べったり付く。

Bow (弓)の動き自体は、弦とクロスするように、ということな
んですが。。。


音の始まりと、左手の指 投稿者:ようこ 投稿日:2002/02/25(Mon) 14:43 No.70  
はじめまして、ようこといいます。
20代後半になって先月バイオリンを始めたばかりですが、
なかなか良い先生を見つけることができなくて、ずるずる
と一人で練習しています。
ここの、Vn のおけいこと BBS を見つけて、こんな良い
先生もいるのだなぁと感激しています。

ところで、一人でずっと悩んでいることがあるので、もし
よかったら教えてください。

私は練習のときに自分の音を録音して聞いてみるのですが、
一つの音の始まりが、なんだかほわんとしてしまって、
中ふくらみのような音になってしまいます。バイオリンという
より、トランペットのような音なんです。
ぱしっと綺麗に音が始まるようになるためには、どんな練習
をしたらいいでしょうか。

それから、左手の中指と薬指がどうしても離れにくく、1の指から
順に全部を押さえて弾けません。イ長調みたいに、2と3の指が
くっついている音階なら大丈夫です。大人になってから始めた
場合は、こういった指の形の問題は、あきらめるしかないのでしょ
うか。。

よろしくお願いします。


Re: 音の始まりと、左手の指 管理人(Reiko Yasuda) - 2002/02/25(Mon) 16:22 No.71  

ようこさん、初めまして。

ヴァイオリンの練習は、独学だとなかなか大変ですよね。

ご自分の音を録音して聞いてらっしゃるということですが、そ
れはとても良いことですね。

>中ふくらみのような音になってしまいます。

ということですが、要するに、音がはっきりしない感じです
ね。

原因の一つは、弓のスピードが変わってしまうことです。

つまり、弓を動かす最初の地点から中程、先とそれぞれ、弓の
スピードが違ってしまうのです。

それと、きっと音が出始めてから、弓の圧力が安定してくるの
でしょう。

最初から、弓の毛先がピタッと弦に吸い付いていないため、そ
のような音の出方になります。

まず、最初は、根本(毛箱付近=手で持っている方。)付近は、初
心者には難しいので、おおよそ弓の全体の長さの(元から)3分の
1程度のところを、元弓と考えてください。

分からなければ、ヤジロベエのように、弓を指1〜2本にのっけ
てバランスを取ってみてください。

このバランスの取れた部分を、最初の間は、元と考えて、先
は、腕をまっすぐ軽くのばして届くところまでを、先と考えま
す。(右肘を後へ引っ張った状態にならないこと。)

先から5〜10cmほど余っていても大丈夫です。

腕が柔軟に使えるようになってくれば、心配されなくてもほ
ぼ、先まで使えるようになります。

それで、まず、弓のバランスが取れる、元から3分の1くらいの
部分を、弾きやすい線で良いですから、その線の上(例えば、最
初は大抵、A線かD線どちらでも構いません。)へおきます。

右手は、弓を持つフォームから少し離れて、親指と人差し指、
それで不安なら、中指、この2本か3本の指でちょっとつまむよ
うに持ってみてください。

そのまま、(つまりA線かD線に弓の元から3分の1をのせたま
ま。)先の方へ単純に引っ張ってみてください。

きれいに音が出ませんか?

勿論、これだと弓をまっすぐ引くとか、細かいコントロールが
出来るわけはありませんが、基本的な音はこんな感じで出ま
す。

あとは、弓をきちんと持ち(とにかく力ではなくフォームが大
事。)今出した音や弓の感覚に近い状態を再現するようにしてみ
ます。

分かりますか?

左手の問題も難しいですね。
たいていの人が抱えている問題です。

しかし、大丈夫ですよ!
今は、かなりいらない力が(無意識に)入っているので、押さえ
られないだけです。

考えられないかもしれませんが、ほとんどの場合、親指を
ぎゅっと握りしめていたり、そう見えなくても、手のひら全体
に力が入ってしまうため、指が1本ずつ動こうとするのをじゃま
してしまいます。

それから、ヴァイオリンを弾く以外にも、軽く腕や指のスト
レッチをした方が良いですね。

楽器を弾くというのは、(そうは見えませんが。)スポーツをす
るのと同じといっても過言ではありません。

普段使わない、細かい筋肉を使ったりしますから、場合によっ
ては急にどこか腕が痛くなってきたりすることもあるかもしれ
ません。

ですから、ヴァイオリンを弾く前=準備ストレッチ(笑)、退いた
後も、ほぐすためのストレッチをやって置いた方が良いです
ね。

左手の事を詳しくやるのは、また次にしましょう。
まずは、右手のボウイングの練習をやってみて下さい。

とにかく、あとは、音を良く聞いて響いているかどうかです。

開放弦の状態で響かなければ、指を押さえても良い音はなりま
せん。

高い楽器だろうが安い楽器だろうが、とにかく、あなたとあな
たのヴァイオリン、弓、この三者(?!)の良い部分を引き出して
音を作っていくのです。

長くなってしまいましたが、おわかりでしょうか?

参考までに弓のバランスがとれる場所を、図でしめしておきま
す。



Re: 音の始まりと、左手の指 ようこ - 2002/02/26(Tue) 14:52 No.72  

ようこです。

教えてもらった弓の練習方法、早速やってみたら、今までいかに力
が入っていたかわかりました。
指2本だと、力を入れようにも入れられないのに、それでもちゃん
と音が出るんですね!

普通のフォームで力を入れず均一な音を出せるようになるには、し
ばらくかかりそうですが、
意識してがんばってみます。

指の形も、だめかな・・とブルーになっちたので、なんだかやる気
がわいてきました!

やっぱり、アドバイスをもらえる先生を見つけなくてはダメです
ね。。
先生探しも、がんばってみることにします。

ほんとにほんとにありがとうございました。



Re: 音の始まりと、左手の指 管理人(Reiko Yasuda) - 2002/02/26(Tue) 16:43 No.73  

こんにちは、ようこさん。

このような文字の情報で伝わるかどうか、いつも心配ではある
のですが。。。

分かっていただけて良かったです。

条件に叶った先生を見つけるのは、少し大変かもしれません
が、やはり直接指導を受けられる方が良いと思いますよ!

是非、頑張ってください。

何か困ったことがあれば、また、ご相談にいらして下さい。
ココで(私が)出来ることであれば、お手伝いしますので。



弓も 持ち方について。 投稿者:ぽんちゃん 投稿日:2002/02/25(Mon) 09:06 No.68  

ご無沙汰致しております。
さっそく、修正していただいたのに、インフルエンザにかかって
ちょっとダウンしておりました。 皆様もご留意くださいませ。(^^ゞ

Reiko先生の弓の持ち方の画像がUPされているので
この機会に 弓の持ち方?に関連した事について 教えてください。

ただいまマイペースに ドッペルをレッスン中ですが
先生より もう少し固く持って・・・と指導されました。
そして、十六分音符が並ぶと 手首を使って無駄な手、腕の動きを少な
くと・・
私の場合、しっかり持つと手首も固くなってバタバタした動きに、
手首の動きに 気を取られると弓の持ち方が 先生のおっしゃる
タイトに持てなくなっているようです。

さて、自宅に戻ってから 練習方法に困り果てる毎日です。
なにか、 良い練習方法ありましたらご助言お願い致します。

こんな、抽象的な質問でわかっていただけるでしょうか・・・


Re: 弓も 持ち方について。 管理人(Reiko Yasuda) - 2002/02/25(Mon) 09:56 No.69  

こんにちは。(^-^)

ドッペルって、バッハのドッペル協奏曲ですか?

難しい曲に挑戦されているのですね。

>先生より もう少し固く持って・・・と指導されました。
>そして、十六分音符が並ぶと 手首を使って無駄な手、腕の動きを少な
> くと・・
> 私の場合、しっかり持つと手首も固くなってバタバタした動きに、
> 手首の動きに 気を取られると弓の持ち方が 先生のおっしゃる
> タイトに持てなくなっているようです。

う〜ん、難しいですね。
その先生の思惑もおありでしょうから。。。

私は、そのレッスン状態を拝見していないので、具体的な状態
は分かりませ
んが、とりあえず、私なりに想像も交えてお話しますので、と
りあえず、誤
解なく、参考になさってみて下さい。

まず、弓をかたく持つというのは、『しっかり持ちなさい』と
いう意味なんだと思いいますが、弓を持つために力を使ってし
まうのではありません。

基本的に、弓の持ち方=フォームがしっかりしていれば、つま
り、それぞれの指の位置などがずれないで正しい持ち方ができ
ていれば、普通に弾くのに力はいりません。
(勿論、まったく力なしにふにゃふにゃで持つわけではありませ
んよ!)

弓を持つために必要なのは、本当に軽いわずかな力です。

そうでないと、音を出すためのエネルギーを、そこで止めてし
まい、逆に力ずくで弾くことになります。

それから、16分音符など細かい音をデターシェで弾くというこ
とだと思いますが、言葉尻だけで判断して申し訳ないですが、
手首を使うというのは違います。

結果として、手首も(つまり間接部分)動きはしますが、手首を
動かすのではなく、弓をまっすぐ弾いた結果、ジョイント部分
の手首も上下の運動について動くだけと解釈してください。

多分、その先生もそういう意味で手首とおっしゃったのかもし
れませんが、、、。

細かい音符をきちんと音を出して弾くためには、弓の毛の部分
と弦とがピッタリくっついた状態をキープします。

これも、押さえつけるのではありません。

押さえると響かなくなります。

弓を上からのせる状態になるので、押さえると思いがちです
が、弦に弓の毛が吸い付いたような感じです。

だから、弓(木の部分)が弓の毛にぺったりつくまで押さえたり
はしません。

たとえば、手のひらと手のひらを力を入れずにぺたっとくっつ
けるのと同じような状態です。

弓を動かすときに、この状態をキープできれば良いわけです。

感覚的ですが、わかりますか?

それから、弓のどこを使うかでも、弾きやすいかどうか決まっ
てきます。

体が大きい(または腕が長い。つまり余裕で弓を先まで使える
人。)人は、比較的、弓の真ん中より先よりでかまいませんが、
もしも、体が小さい(または、腕が短い。)人は、弓の真ん中あ
たりを使います。

その方が、コントロールしやすいからです。

わかりにくければ、また画像をアップするなり考えましょう!(^
^;)


ありがとうございました。 投稿者:kai-mama 投稿日:2002/02/18(Mon) 10:17 No.66  
お手数をお掛けして申し訳ありませんでした。もしも、お近くでも教え
ていらしたら・・・と、思ったもので・・・失礼致しました。

先生はインタ−ネットでヴァイオリンの事を見ていたときに、たまたま
近くでしたのでお願いしました。
息子も「ヴァイオリンが弾ける!」という嬉しさでいっぱいでしたの
で、初めはとても大喜びでレッスンをしていましたが・・・

ユニオンに連絡をしてみます。

管理人様のお人柄から私は心に少しゆとりを与えて頂いた気がします。
お近くだったら良かったのに・・・と、思います。

また、こちらでご報告させて頂きます。
有難うございました。


Re: ありがとうございました。 管理人(Reiko Yasuda) - 2002/02/18(Mon) 10:46 No.67  

>お手数をお掛けして申し訳ありませんでした。もしも、お近くでも教え
>ていらしたら・・・と、思ったもので・・・失礼致しました。

こちらこそ失礼しました。

大人の方の場合でしたら、私が、毎月、東京出張する際に都内
で、たまにレッスンする、というのが可能なんですが、子供さ
んの場合は気まぐれじゃダメですからね。(笑)

先生選び、特に小さいお子さんの場合、難しいですよね。

でも、Kくんの場合、折角、小さいながらもご本人がヴァイオリ
ン(音楽)が好きだとはっきりしているので、その気持ちを損な
わないように、と願いますね。

思いめぐらせていれば、必ず、良い先生が見つかると思うの
で、是非頑張ってください。

[直接移動] [1] [2] [3] [4]

- Joyful Note -