Last Updated :

6.左手の準備

さて、開放弦を綺麗に鳴らすことが出来れば、左手の準備に入っていきましょう。

まず、肩に力が入って堅くならないように(一番最初にヴァイオリンの持ち方のと ころでやりましたが、)。。。リラックスしてみて下さい。

そして、親指と人差し指の間を軽く拡げて、ヴァイオリンのネックを(本当に軽く )挟んでみましょう。


   

このときに、親指の付け根の部分がぎゅっとしまらないように気をつけて下さい。 (人差し指と親指を閉めない。)手のひらの部分がネックの裏に、べたっとくっつ いてしまわないこと。


   

(写真A:ピンクの三角の部分)

左腕全体のフォームは、肘から左手人差し指の付け根の部分まで、ほぼ真っ直ぐな 状態。手首が、前や後ろに出っ張らないこと。


   

ヴァイオリン自体は顎で軽く挟んで支えられていますから、左手でヴァイオリンの ネックを握りこんでしまわないこと。






(写真B:横から見たところ)

ヴァイオリンの場合、ピアノと違い左手の人差し指から小指までの4本の指を使うので、指の番号は、

 人差し指(1)
 中指(2)
 薬指(3)
 小指(4)
となり、

開放弦(指を押さえないで弦だけ弾く。)は、(0)となります。

教則本によっては、A線(細い方の弦から2番目。)から導入しているものと、D線(細い 方の弦から3番目。)から導入しているものとがありますが、どちらからでもそんなに大差はありません。

《補足》 実際には、各線によって肘、腕の高さなど違ってきます。私が指導させて頂くときには、テキストの順番に従うのではなく、弾いているご本人が、『D線』『A線』の何れが弾きやすいと感じるかによって、弾き始める線を決めています。自分のクセを利用しながら正しい形を覚えていける方が楽だからです。『G線』や『E線』から始めないのは、『D線』『A線』の方が、比較的音が楽に出て自然に鳴らしやすいく、バランスを取りやすい事が多いからです。




1)準 備

2)ヴァイオリンの持ち方

3)弓の持ち方

4)姿勢・立ち方

5)基本的な音の出し方

6)左手の準備

7)音階を弾いてみよう!

8)音階を弾いてみよう!(右手編/弓)

9)音階を弾いてみよう!(左手編/指使い)

『みんなのヴァイオリンのおけいこBBS』 | ◆過去ログ1(2002.03.03以前) | ◆過去ログ2(2002.03.10〜2008.09.02)



Copyright since 1996 RogMecc(Reiko Yasuda). All rights reserved.